灯がともる

JUGEMテーマ:この想いが届く迄

嬉しいとか悲しいとかっていう気持ちはまだ易しい。ただ、恋愛の好きっていう気持ちになるとたちまち理由とか、こういうものっていう定義が欲しくなる。何なら認めたくないし、そもそもそんなの自分は望んでないとか思う。

 

四六時中、喉元に空気のボールが引っ掛かって息が詰まる。心臓が撫でられてるみたいにサワサワして。お腹の底が重くて食べたくなって。頭の中は同じ映像ばかり流れて

 

一口に楽しいなんて思えない。

 

でも、その期間は確かに

髪を結ぶのが楽しくて、シャンプーする時間も楽しくて、服に袖を通すのが心地よくて、

じんわり心があったかい

今、''たった今''を生きてる感じがする

 

必死に隠そうとして、目がそれて、かしこまって、そのうち宙ぶらりんになって、苦しくなっていつの間にか消えていくけど

 


それでいいんだ。いつもそう

感謝と、少し寂しさが残る

スポンサーサイト

コメント